コチュと唐辛子のきもち

毎日のご飯に韓国料理をプラスして料理を楽しく作っていきたい、そんな想いを込めて自分なりの韓国のエッセンスを綴っていきたいと思います。いっしょに息子の育児日記も紹介します。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タッケジャン

昨日の夕飯は“ユッケジャン”(육개장)ならぬ、
“タッケジャン”(닭개장)でした。

photo_org(7)_20100530221804.jpg

ユッケジャンといえば焼き肉屋さんでもお馴染みの
日本でもポピュラーになってきた、牛肉の細切りを入れた辛いスープです。
こちら、牛肉で作ってももちろん美味しいのですが鶏肉で作っても
これまたとっても美味です。

長ネギ、豆モヤシ、ぜんまいなどたくさんの野菜を入れ、
唐辛子、ニンニク、醤油、コチュジャンなどで辛く味付けます。
鶏肉からのコクと野菜の甘みがたっぷり出るので
そんなに見た目ほど辛くないです。辛ウマです

そしてタッケジャンに忘れてならないのがこちら。

photo_org(8)_20100530221818.jpg

芋茎(さつまいもの茎)。
韓国語だと“고구마순”。

これまた韓国のお土産でいただいたものなのですが
(いただいてばっかりな気がしますが
水でふやかしてからスープでよく煮込むと、
芋茎がた~っぷりとうまみを吸ってくれます。
そして、シャキシャキ、ムニュ、ムニュ?!みたいな
何ともいえないいい食感を醸し出してくれます!

韓国のスーパーでもありますが、アジュンマ(韓国のパワフルなおばちゃま)
が道端で売ってたりもしますヨ



スポンサーサイト

| 韓国料理 | 22:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なつめのパウンドケーキ

韓国に行った知り合いからこんなものをもらいました。

photo_org(3)_20100527102257.jpg

「うん?!何これ初めてみるっ♪」

“생생 대추”(生生なつめ)とパケージには書いてあり、
中には乾燥してスライスされた“なつめ”が入っています。

韓国の市場へ行くと丸のまま乾燥されたなつめは
よく見かけますが、こんな風にスライスされたものは初めて。
しかも種がきれいにとってあり、袋からそのままポリポリポリポリ・・・
美味しい!

韓国でなつめは、参鶏湯、なつめ茶、薬飯(ヤッパッ)など
料理からお菓子までよく登場しますが、
なつめを使った洋風スウィーツができないかな・・・
あれこれ考えてみました。

そして作ったのがこちら。

photo_org_20100527101337.jpg

なつめのパウンドケーキ。


photo_org(2)_20100527101326.jpg

黒砂糖でなつめを煮て風味をだし、バターは使わずオイルで代用し
さっぱり系に作りました~♪



| お菓子 | 10:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スンドゥブアジョシ

先週末は実家で母主催の“日韓ベビー交流会”をしました。

韓国人のオンニと日本人のオッパの日韓カップルに
昨年12月に男の子のベビーが産まれました。
ちょうどうちの息子くんと同じ学年になるので
楽しみにしていて、この日ベビー同士は初めての対面となりました。

私もオンニに会うのは5ヶ月ぶりだったので、
ベビーも随分大きくなったのだろうなとは思っていましたが
会ってびっくり!!!
5ヶ月なのにすでに体重は8.5キロのジャンボベビー。
息子くんは11ヶ月で今9.3キロなので
体の大きさは大して変わりませんでした。

そんなジャンボくんにオンニ達ががつけたあだ名は、

“순두부 아저씨”(スンドゥブアジョシ)

これ日本語に訳すと“純豆腐おじさん”(爆笑!!!)

いくらなんでもアジョシはないでしょう。
頭が少々薄めだから赤ちゃんなのにおでこに皺が入って、
おじさんみたいって、しかもお腹がぶるんぷるんで、
豆腐みたいだからつけたらしいです

しかもうちの息子くん、そのスンドゥブアジョシの頭を
容赦なくペシペシとたたいてご挨拶(笑)
언니 미안해요

photo_org(4)_20100524182243.jpg

大人達はお腹を抱えて、爆笑の渦。
数分間笑いがとまりませんでした。

photo_org(2)_20100524181804.jpg


ちろりん村のkobayashiさんもお店が終わった後から
参加してもらいました。
おみやげに今月の今川焼の“よもぎたいこ”
たくさん焼いて持って来て下さいました。
生地や餡にもよもぎをたっぷり練り込んだ
和菓子を思わせる今川焼です。
オススメです


ベビー達が寝静まった後も日韓話で盛り上がった夜でした。

| 日々のこと | 23:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キムチ道場☆復習会 ~後半編~

東京キムチ道場☆復習会のお楽しみはまだまだ続きます。

お次は午後の会で作った“ホトック”作り。
以前にも自分でホトックを作りましたが(←記事はこちら
今回教わったレシピは、美味しかった~!!!
生地のもちもち感が理想的
家に帰って少し冷めてからでも、ももちもち感は持続してました。

photo_org(4)_20100520110434.jpg    photo_org(7)_20100520110515.jpg

写真左の何とも不思議なキッチン道具。
巨大なハンコのようにも思えますが(笑)
これ、ホトックプレスです。
韓国ではホトック専用のプレス道具があるんです!
なんとパンクーさん持参、さすがです
新大久保の韓国広場で買えるそうです。

photo_org(9)_20100520110607.jpg    photo_org(6)_20100521224326.jpg

写真左は“豚キム丼”。
やっぱり豚ちゃんとキムチは永遠でした。

写真右は“人参、セリ、なすの蒸しナムル”。
人参とセリはヤンニョムを作った時に余ったので
即席ナムルを作ってみました。

photo_org(2)_20100521224814.jpg     photo_org(11)_20100520111140.jpg

その他にも今回教えていただいた韓国のホットな食品達です。

写真左は韓国の胡麻油で、해표の“참~진한 참기름”
今回まるみんさんがソウルで買って来たものだそうです。
値段がお手頃な割には香りがとってもGOOD。

写真右はパンクーさんがこれまたソウルで買ってきた、
今むこうで人気のブラウニー。
私が韓国にいた頃はこういう系統のお菓子で
美味しいものに出会ったことがなく、
韓国のお菓子=あんまり美味しくはない
(あ、でもガンガン食べてましたが
と、思っていたのですが、これは美味しかったです!!
韓国も日々進化しているな~とつくづく思いました。


みなさん、本当に楽しい時間をありがとうございました。
秋にはキムジャンでまたキムチ作りましょう♪

| イベント | 11:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キムチ道場☆復習会 ~前半編~

昨日は朝早い時間から息子くんは母に預けて
新大久保まで行ってきました。

目的は東京キムチ道場☆復習会
なんて素敵なタイトルだと思いませんか?!

“今日も食べようキムチッ子クラブ”でお馴染みの
奈佳先生主催のキムチ道場(←記事はこちら)で作ったキムチをもう一度!!
ということでまるみんさんが企画から場所、材料などを揃えて下さいました。

今回カリキュラムは、

☆各自家で手作りキムチを作って持って来て、
 それを当日みんなで食べ比べし、批評しあう。

☆当日もう一度白菜キムチを漬ける。

☆キムチ道場、午後の部で作ったホトックを作る。

☆キムチ道場、ランチで作った豚キム丼を作る。

以上が予定していたことです。

白菜キムチの塩漬けは、なんと!前日からまるみんさんが
漬けて持って来て下さいました。(←ありがとうございます)
そして未熟ながら私が説明をさせてもらいながら
ヤンニョムを作り、白菜に一枚一挟み込みました。
ホトックの準備はパン講師でもあるパンクーさん指導のもと
丁寧に教えていただきました。
私も、なすを持参し“なすの蒸しナムル”をみなさんと
いっしょに作りました。

ホトックの生地を扱う時は「手に油をつけるのよ~って言ったじゃな~い」って
奈佳先生がおっしゃってた!!(笑)なんてみんなで言いながら
あっという間に時間が過ぎて行きました。
10時半から初めて食べ始めたのはなんと2時でした

そしてメインイベントの“キムチ試食会”。

photo_org(4)_20100520111222.jpg

試食会には前回のキムチ道場でもお世話になった
yonjyaオンニも急遽参加していただき、厳しくもありがたい
コメントをいただきました。

それぞれ、唐辛子が足りない、塩漬けがあまい、色が黒っぽい、
酸味が強い・・・etcなどなど様々でしたが、
今回作ってみて、そして批評し合えてそれぞれいい刺激を
受けられたと思います。
奈佳先生~みんながんばりましたヨ~

                    後半へ続く・・・





| イベント | 11:17 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャジャンミョン

ジャジャン


初めてチャジャンミョンを食べたのは
確か大学2年生の時だったような。
夏休みに韓国に短期留学をした時に
大学の学食で食べたのが最初だったかと。

最初は、まず、
何この黒い物体は?!

そして食べてみると
なんで甘いの??

でもやたらと学生達が美味しそうに食べている姿をみて
「う~ん、これおいしいんだ」と思いながら
食べていくうちに、何だか美味しいかも!!っと
気づいたらチャジャンミョンにハマっていました。

日本にもジャージャー麺がありますが、
あれを想像して食べてみてまったく違う!っと驚くの、
私だけではないのではないかと思います。

真っ黒の正体は“チュンジャン”と呼ばれる黒い味噌で、
見た目ほど味は濃いわけではなく、ほんのり甘めです。
麺と絡めて真っ黒にして食べます。もちろんお口の中も真っ黒。

チャジャンミョンの魅力は何といっても
安い、早い、美味しい!

2回目の長期留学の時は学校帰りに何度食べたことか・・・
いつも行ってた中華料理屋さんでは、確か3000W(300円位)
だったかと思います。

今回は韓国の味と思い出を巡らせながら作ってみました♪
お店だと沢庵(←何故か沢庵、でも合うんです♡)と
チュンジャンをつけながら食べる生タマネギがセットで
出てきますが、両方なかったのでお酢で酸味を利かせた
小松菜のナムルを添えて食べました。

| 韓国料理 | 11:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベランダ菜園 

先週金曜日に近くのホームセンターから
気になる広告が入っていました。
早速週末即買いしました。

お目当てはこちら。
↓↓↓

photo_org_20100516210224.jpg

何の苗かわかりますか?
野菜の苗なのは確かです。
一見シソのように見えますが・・・

答えはこちらです。

photo_org(4)_20100516210156.jpg

“エゴマ”

独特な香りをもつエゴマの葉ですが韓国料理では度々登場します。
ニンニクや唐辛子にも負けないくらい存在感のある味と香りが特徴です。
ベトナム料理ではパクチーが欠かせないように
韓国料理にはエゴマが欠かせません。

日本ではなかなか手に入りにくく、韓国食品のネット販売だと
生鮮食品なので取り寄せるのに苦労がいります。
それがおうちのベランダで育てられるなんて!!!
しかも母の情報だとシソのようにとってもとっても
新しい葉が生えてきて、いくらでもとれるそうですヨ
う~ん、なんて嬉しいかぎり。エゴマ天国♡

ちなみに韓国語だと“깻잎”。(発音はケニプ←正確には小さいプ)
これからカムジャタンやトッポキ、チャンアチなどなど
作りたい料理が頭に浮かびます。

成長日記もお楽しみに。
まずはプランターに移し替えなければ


| ベランダ菜園 | 21:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鼎泰豊

先週の母の日は鼎泰豊(ディンタイフォン)
飲茶ランチに行ってきました。

photo_org(7).jpg photo_org(10).jpg
鼎泰豊といえば米紙ニューヨーク・タイムズに
「世界10大レストラン」の1つとして掲載された世界的に
有名な点心料理専門店です。

何年か前に台湾に旅行に行った時に、到着するやいなや
そのまま鼎泰豊に直行し小龍包を食べた記憶が。
東京にも何年か前に進出していたのは知っていたのですが、
なかなか行く機会がなかったのですが、今回母の日のプレゼントに!
と思いたち早速行ってきました。
高島屋に入っていて、私は立川のに行きましたが、
新宿の高島屋にも入っているようです。

やっぱり鼎泰豊といえば“小龍包”。

久しぶりにたべましたが、本場仕込みの小龍包、美味しかった~
どうしてこんなに薄~い皮でうまく包めるのか不思議で
たまりませんが、黒酢につけてたっぷりの針生姜といっしょにいただきまた。
待ちきれず写真を撮ることに気づいた時は1つ食べてしまいましたが(笑)、
6個で819円です。

photo_org_20100513105543.jpg photo_org(4)_20100513105635.jpg


その他にも、“海老焼売”は小龍包より少々厚めの皮で
プリプリ海老を包んであります。食後の愛玉子(オーギョーチー)も
お上品なお味でした。他にもお決まりの杏仁、マンゴープリンも
おいしかったです♪

息子くんも連れて行きましたが、奥に大きな窓とソファー席があり
何とかもちこたえました
子連れでも是非!



| グルメ | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国料理教室に行く

土曜日は金理順先生の韓国料理教室に行ってきました。
前にも通っていましたが出産後はちょっとお休みしていたので、
約1年ぶりの教室でした。

曜日も変わったのでメンバーも一新し、
韓国をこよなく愛する人と新たな出会いがあり新鮮な一日でした。
私と同じく10ヶ月の女の子のママさんもいて
最近の我が子話も盛り上がったりと、これからが楽しみな予感がします。

作った料理は、こちらでした。

干し明太の和え物(明太とはタラのことです)
いわしのだんごスープ(韓国風)
牛肉と豆腐の焼き物


先生のレシピは韓国食材は使うものの、どれも日本でも
手に入りやすい身近な食材を使いながら韓国料理に仕立てます。
智恵と経験の詰まった料理で毎回とっても勉強になります!
先生はベターホームでも教えていらっしゃいます。

美味しい料理をおなかいっぱい食べた後はおしゃべりタイム♪
みなさん韓国通で来月にも韓国ツアーに行くそうです。
おすすめの韓国の本もいくつか紹介してもらいました。

こちらは今は大人気のコウケンテツさんの本ですが写真がキレイで
旅のお供にはちょうどいいサイズでした。

コウケンテツ 僕の大好きな、ソウルのおいしいお店 (アサヒオリジナル)コウケンテツ 僕の大好きな、ソウルのおいしいお店 (アサヒオリジナル)
(2010/02/19)
コウ ケンテツ

商品詳細を見る


クレア4月号は買い忘れました(T0T)

CREA (クレア) 2010年 05月号 [雑誌]CREA (クレア) 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/04/07)
不明

商品詳細を見る


旅 2009年 06月号 [雑誌]旅 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/20)
不明

商品詳細を見る


それから生徒さんの中でコルトンブルーのお菓子教室に通われていた方が
パウンドケーキを焼いて持って来てくださいました♪
膨らみ方とマーブル具合が芸術的!!!
もちろんお味も。やっぱり違いますね~

リスン先生1
なんとも充実した一日でした~♪

| 韓国料理 | 12:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鯉のぼり、〆

5月5日のこどもの日は、息子くんにとっては
産まれて初めてのお節句の日でした。

兜と鯉のぼりを買ってもらい数日前から
お節句ムードも高まりってきた中で迎えた当日。
息子くんのために、親兄弟も集まってもらい
大人数での賑やかなお祝いができました。

朝から天気も快晴で半袖半ズボンの息子くんも
いつもよりも張り切っているようすでした。

せっかくのお祝い事なので料理もいつもとは違う
パーティー料理を作ってみました

IMG_12節句436_convert_20100506231335

今回はコストコで仕入れたワインに合うようにと
“生ハム&オリーブ&ミニトマトのカナッペ”と
“アボガドディップ&タコス”に初挑戦!
両方パーティー後半でも飽きずにおつまみにはGOOD!
とのことでなかなか好評でした。

ちなにみアボガドディップは、ただ今本屋さんで
売れ筋No2の太一×ケンタロウ「男子ごはん」を参考にしました。
水切りした豆腐入りのさっぱり系でオススメですヨ!

その他にもパエリア、タンドリーチキン、唐揚げ、お赤飯
そしてお婆ちゃんや母が差し入れしてくれたオイキムチ、
鯛の尾頭焼、牛刺しなどなど・・・
食べきれなくてtakeoutもしてもらうほど
たっぷり用意しちゃいました


そして、いつもど~しても後回しにして忘れがちな
息子くんの離乳食も今回はちゃんと用意しました♪

こちら!!!

節句2


“鯉のぼりごはん”。


固めのお粥に青のり、桜えび、黄身を混ぜて形作り、
目とはチーズと海苔で、鱗も海苔で表現してみました。
キャラ弁入門的な気分になりましたが、結構楽しかったです。
♡がポイント!


| お菓子 | 21:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気のミナモト

GW突入と同時に天気も落ち着き、
やっと晴れた日が続きますね~♪
今年は寒い日が続いたので、野菜の値段が
野菜料理を得意とする韓国料理なのに、
最近はおもいっきり野菜が食べられず、
やきもきした日々でした。

そんな中でしたが美味しそうで、お得な野菜達を使って
駆使して作った日々の料理です。

まずは“ポリパッ”。

ポリパ

ポリは麦で、パッはピビンパッでもおなじみの
ご飯という意味です。
直訳すると“麦ご飯”ですが、日本の“麦とろご飯”とは違い
韓国では麦ご飯の上に野菜をのせて
コチュジャン混ぜて食べる“麦飯ビビンバ”が一般的です。

体ににいい麦のご飯だけでなく、たくさんの野菜を
一緒に食べることができるので、健康志向の韓国人たちに
とってウェルビーングメニューとして注目されているそうです♪

今回は麦ご飯に玄米も入れてさらに健康度にしました。
千切りキャベツをご飯にひいて、人参、大根、
ワラビ、豆もやしナムルをのせました。
ちょっぴりニンニクのきいた“ケランマリ”(卵焼き)も
いっしょに。

そしてお次は“ホタテのパジョン”。

ホタテパジョン

これ、ワケギをまるまる一束使いました。
大きめに焼いて2枚できましたが、
旦那さんと2人で全部完食。
あ~、めちゃくちゃおネギ食べれた!!!
って気分になれました。


そしてデザートは甘くてしょっぱい“豆乳塩プリン”。

豆乳塩プリン

最近は牛乳より豆乳率が高い我が家で、
こちらはゆるベジなキッチンのあな吉さん
レシピを参考にさせていただきました。
私はきな粉と自家製黒蜜をかけてちょっぴりアレンジしましたが
そのままでもくせになりそうな甘塩っぱさです。

パンチの効いた韓国料理とスイーツで元気いっぱいです

| 韓国料理 | 14:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。